ウォーターサーバーの設置タイプ別特徴

ウォーターサーバーは、その水の中身のみならずサーバー本体にもメーカー別の特徴が見られます。便利に快適にウォーターサーバーを使用するためには、数ある中から使いやすいサーバーを選ぶことが大事です。

 

まずウォーターサーバーには設置タイプとして、床に直接冷蔵庫のように置く、子供の身長ほどあるものと、その半分ほどの卓上式のタイプがあります。大きさはそのまま備えられる水の量を表すので、卓上タイプは一般的なウォーターサーバーに比べて、扱える水が少なくなる反面、コンパクトにどこにでも設置できるという利点があります。

 

通常キッチンやダイニングの壁際に、コンセントを探して置くことになるウォーターサーバーを、寝室のサイドチェストに配置することも卓上式ならば可能です。

 

大きさの他には水のタンクで行う、給水スタイルの違いも、非常に重要なものとなります。水の入ったタンクというのは、それなりに重みのあるものですから、従来の大人の胸よりも上の位置に持ち上げてタンクを取り付けるタイプのサーバーは、女性の一人暮らしや年配の方だけの生活の中では負担になりかねません。

 

利用者の負担を軽減するために、水のタンクの置き場所が足元にあるタイプや、水のボトル自体が軽い素材で作られているものなどが近年では展開されていますので、積極的に活用していくとウォーターサーバーが快適に使えます。ボトルに工夫があるものは、水を使い切った後は小さくたためて、ゴミ捨ても楽に行える仕組みになっていたりと、その使いやすさに磨きをかける見逃せないポイントの宝庫です。