女性が使うウォーターサーバーはボトルの大きさにも注意して

ウォーターサーバーを導入する場合、単身者か既婚者かによっても選択基準が変わってくると思います。

単身者で一人暮らしをしている方なら、一か月間に消費する水の量も少なめでしょう。

しかし既婚で家族と一緒に住んでいると、どうしても水の消費量も多くなるものです。

その為、既婚者の場合は出来るだけたくさんの水を一度に配達して貰えるサービスの方が適していると言えます。

 

女性がウォーターサーバーの導入を検討するなら、ぜひ着目して欲しい点があります。

それがボトル一本当たりの容量です。

 

一般的には、ウォーターサーバー用のボトルは一本12L入りになっていることが多いです。

12Lのボトルなら一か月に大量の水を消費する家庭でも、届けてもらう本数は比較的少なくて済みます。

しかしながら、単純に考えて一本12kgの重量があるウォーターボトルを、女性が一人でウォーターサーバーにセットするのは決して楽なことではありません。

 

女性は男性に比べると力が弱いものです。

ウォーターサーバーの形式は業者によっても様々ですが、ボトル設置箇所はやはりどうしても床からある程度の高さになってしまうのが普通です。

12L入りのボトルの場合、女性が気軽にセットできるとは言い難いものがあります。

 

女性が日常的に使用してボトル交換も行うことを前提とするなら、出来るだけコンパクトボトルが用意されているウォーターサーバー業者を利用することをお勧めします。

一本当たり5L程度のボトルが用意されている業者もあるので、この程度ならボトルの交換やセットも比較的楽に行えるはずです。